僕らはコロナとどう向き合うか?Day2

■~はじめに〜
コロナについて書くにあたり / ⌛︎1minut

先日のブログでも記述したように
「コロナ」に関する記事を書くにあたり
私自身かなり神経質になっていることは否めない。

改めて本ブログが決して「情報」をお伝えするものではなく
このコロナの状況でボクがどのように考え、向き合い
今のライフスタイルを選択したかを共有することで
みなさんにとって少しでも新しい発見や気付きの
キッカケに繋がれば大変嬉しく思います。

本日は、
コロナの状況を俯瞰する大切さを唱ったDay1の記事から
『ボクがどんなライフスタイルを選択したのか?』
紹介させていただこうと思います。

何か新しい発見や気付きがあればお気軽にコメントください。

いつものように過激なタイトルで恐縮です。
コロナの状況は大変恐ろしいものです。
ボクらにとって、「生活する」という最低限の権利すら
窮地に追いやられるほどの破壊力を持っていたと
多くの人も痛感したことだろう。

そんな中で「生活を守ろう」と行動することは
非常に共感できるし自粛するように言われても
どうすることもできない言いようのない不安は
ずっとこびりついてくる。

まずは、ボク自身
そんな状況の「受容する事実」を明確にして
【不安をクリアにすること】が大変重要だと感じています。

▼まだ未読の方はぜひ!Day1の記事をご覧下さい!

その上で、ボクらが次にすること
それは人間の最大の武器を最大限に活かして
対処することだと感じています。それはー

『思考』

です。”考えること”これを止めてはいけないです。
特に大衆が情報によって、流される今のような状況下では
必ず「考えること」を止めてはいけないとボクは思います。

トイレットペーパーがなくなるんだって!!
え!?やばいよ。

俺の家残り2つしかないんだよ。買い溜めしなきゃ!!

備蓄貯めないとお店閉まるらしいよ..
え!?やばいよ。

私の家は、冷蔵庫空っぽよ!!買い溜めしなきゃ!!!

と。流されて”判断”ではなく、”反射行動”を繰り返しては
今のような長期的な変化には対応仕切れません。

では、
どのようなことを「考える」必要があるのか?

少しだけ遠回りをさせて頂きたいのですが、
古い諺(ことわざ)に、このような言葉があるのをご存知でしょうか。

木を見て、森を見ず

細かいことに目を配りすぎて、
物事の本質的な問題や大きな流れを
見落としてしまうという意味があります。

経営でよく使われる言葉では
「部分最適」などと言われています。

部分最適はより具体的な問題解決に
繋がることも多いのですが多くの経営者は
「全体最適」と両方を使って判断することが多い。
例えばこんなケースがあります。

算数の成績に伸び悩む小学生に親が
家庭教師をつけて徹底的に苦手克服に努めた

これで月末のテストは総合的にも
かなりの成績になると見込んでいた

しかし蓋を開けると、確かに対策をした
算数は若干の成績UPは見られたのもの
得意だったはずの国語と英語の点数が
下がってしまった。

国語や英語も勉強していたのにどうしてなのか?

高額なお金を払って家庭教師をつけた
母親にとっては身の震えるような憤りだ。

『苦手克服に臨む』という
とても適切な対策にも関わらずどうして
息子の成績は伸びなかったのか?

これは結果として
「木を見て森を見ず」つまり、部分最適に特化しすぎて
全体最適を蔑ろにしたために結果に繋がらなかった
のである

多くの偉人もまたこのようなことを
格言として残しています。

If I had six hours to chop down a tree,
I’d spend the first four hours sharpening the axe.

Abraham Lincoln (エイブラハム・リンカーン)

もし、木を切り倒すのに6時間与えられたら、
私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろう。

つまり「目の前の木を切る」という”木”を見るだけではなく
「そもそも斧を研ぐ」という”森”ー
つまり本質的な問題を発見して
解決することに時間を使えるか
ということが、
結果として成功するという有名な話である。

先ほどの事例で言えば
母親はそもそもの息子の勉強に関する
本質的な問題を理解していたか?
ということが非常に大切だったということである。

恐らく考えられる原因として

✔︎勉強時間が増えて睡眠の質が悪くなった
✔︎勉強に対するストレスが増え、勉強すること
自体への拒絶が生まれた
✔︎家庭教師がいることで先生に依存した

などがあったのかもしれない。
そうした全体的に俯瞰して「本当に今解決すること」を
判断して対策をしていくことがいかに重要か、ということを
如実に表しているわかりやすい事例だとボクは感じています。

もちろん、最終的には
「苦手対策」も必要なので木を見ることも大切です。
リンカーンももちろん最後は木を切り倒すのですからー。

そうした意味でも古い諺を引用するようで恐縮ですが
「木を見て、森を見ず」ではなく

木を見て、森を見る

そんな「思考」が非常に重要だと考えています。

そんな遠回りの話をさせて頂いた理由は
今のこのコロナの状況をしっかりと俯瞰して
見れているかどうかということを自問自答するためである。

ボク自身コロナの緊急事態宣言前ー
3月末にはそのような「思考」ではなかったのも事実です。
それでは、どのように「木を見て、森を見る」のか。

○コロナの木

・日々正しい情報を集め、現状を理解する
・必要最低限の備蓄や備品を準備する
・家族や友人と連絡を取り合う
・助成金や無利子無担保融資などの制度を把握する

○コロナの森

・自分の大切にしているものは何か?
・幸せな生き方や働き方はどんな形か?
・仕事はどうあるべきか?
・家族や大切な人との時間をどう作るか?
・人生を豊かにするために本当に必要なものは何か?
・同じようなことが起きた時にどう活かすか?

例えばボクは、コロナの木と森をこのように解釈してみた。
そして先日にも述べたように
「抗えない自然の猛威」に嘆き続けず今できることを
一つずつ向き合っていくことにしてみました。

■コロナから学んだ「魔法の法則」

そうしてボク自身
「部分最適」だけではなく「全体最適」の
視点でこのコロナの状況を整理してみました。

そうすることで今の状況から
「自分にとっての最適解」を作りました。

①サラリーマンをやめないこと

やはりこの社会で生きていく上でお金の存在は非常に大きい。
そうした意味でもどんな状況でも当面の給料が約束される
サラリーマン(雇用)は大変重要な役割を持ちます。

特に今の時代、まだまだ複業が推奨されている会社は
少ないですが今後サラリーマンをしながら開業なども
珍しくはなくなるので
最初のうちはリスクヘッジをするのが賢明だと考えます。

②マルチワークをすること

これは非常に重要だと感じています。
今回飲食業やイベント業の会社をされている方が
かなり大変な思いをされているのを
目の当たりにしてきました。

ボクとしては、1つではなく2つ、できることなら
月に数万円のような小さな事業でもいいので
3~5種類の仕事を持つことがとても重要だと感じています。

将棋やチェスのように
「王将と歩」「キングとポーン」だけになれば
進むしかないのですから、手駒があれば「戦略」がとれます。
それが大きなトラブルの際には
最大のリスクヘッジだと考えています。

③シェアハウスに住むこと※一人暮らしの場合

これは「ボクだから」と言われそうですが非常に大切です。
本質的なことは【誰かと一緒に生活を営む】ということです。
昔ならば《ご近所づきあい》という名の”地域”があったので
良かったのですが最近は、特に都内ではなかなかないので
「シェアハウス」というライフスタイルをお勧めします。
 
災害時や緊急時には、リアルな人との助け合いが
結局のところ精神的な安心に直結しますし、
スピード感や、情報を集める上でも非常に効果的です。

シェアハウスのような人と住むことが
“安心”を作る最大の環境だと考えています。

今回、かなりセンシティブな内容でもある
コロナを記事に取り上げさせて頂きました。

専門家でもないボクから非常に恐縮ではありますが
今の状況で考えていることを共有させて頂きました。

コロナのことを書いた大きな理由は
たった一つです。

今のこの大変な状況をみんなで乗り越えて
そしてこんな状況でも
「幸せ」になれるように知識や知恵を集めよう。
「豊かな生活」を得られるように力を集めよう。

そんなことを切に願うのです。

「アフターコロナ」という言葉も出てきていますが
コロナの後に僕らがどんな人生を歩んでいくのか?

そこにある幸せや人生の豊かさは

紛れもなく今この瞬間、この時間を
どのように考えて過ごしてきたかに影響する

ボクは確信しています。

だからこそ
今の状況を乗り越えられるように「思考」しましょう!

それがウイルスという名の自然の猛威に抗える
唯一の人間最大の武器なのだから!!!!

2020.4.22 Takai Naoto


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

TAKAI NAOTO

TAKAI NAOTO

誰よりも自分らしく、 旅するように豊かな人生を。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

  1. 「幸せ」になれるように知識や知恵を集めよう。
    「豊かな生活」を得られるように力を集めよう。
    って、これは大切なことですね!力を集めて、豊かな生活をしたいです。

    • TAKAI NAOTO
      • TAKAI NAOTO
      • 2020.04.24

      チタン実印様
      ご拝読いただきありがとうございます。ブログを始めて最初のコメントに心躍る気持ちでいます。

      知識や知恵(マインドセット)は、自分のインプット能力を。
      力(スキルセット)は、自分のアウトプット能力を意識するといいとよく聞きます^^*

イベントの最新情報

イベントカレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP