SNSを始める人が、最初に持ち合わせたい参考書

はじめまして
CRECOMというクリエイティブコミュニティを
運営しているChaiです。

本日はボクも現在、意識して作り込んでいる
SNSーつまりSocial Networking Serviceと呼ばれる
オンライン上で、社会的なコミュニティ(人脈)、
例えば友人や家族、会社の人だけでなく
社会で生活する多くのユーザーと
繋がりコミュニケーションを取れるサービス
について記事を書きました。
 
..と言っても、SNSが何かという話は
今となっては誰でも知っている常識ですね。

本日はボクも活動する中で
「ブランディング」の一環として
非常に重要視している
以下の内容をお伝えしていきたいと思います。

✔︎SNSのマナー
✔︎各SNSは何が違うのか?

今からSNSを本格的に始める方はぜひご覧ください。

 SNSをなぜするのか?

■はじめに

さて大前提に、ここでさせて頂くSNSのお話は
「ボクの活動日記」でも「お友達同士の近況報告」ではなく
自分自身を売り込むため《ブランディング》の一環として
SNSをどう使いこなすかの話
をさせて頂きます。

もちろんSNSは【コミュニケーション】するための
サービス
なので、決して上記のような使い方が
間違っているわけではないのでご了承ください。
 
ただ上記のような目的でSNSを使用する際には
特質ルールやマナーはないので、

✔︎誹謗中傷をしない
✔︎他人の個人情報を流出させない

といった、最低限のマナーを守って頂ければ
安全・安心に楽しめるものだと思います。

■ブランディングにおいてSNSを使う理由

逆に《ブランディング》をする上で
SNSは非常に影響力のある
ツールとして仕事をしてくれます。

昔でいえば、自分自身の売り込みは
「営業は足で稼げ!!」と言われるように
足を運んで会いにいって、名刺を交換して
リアクションが良かったら話をする….
と言った地道なものだったので
それらの仕事の多くをSNSが担ってくれるので
彼らの仕事の与える影響力はとてつもないです。

まずはそれぞれの持つ
「営業力」を抑えていきましょう!

こちらが皆さんも周知の「三大SNS」と呼ばれる

・Facebook
・Instagram
・Twitter

の「市場規模」です。一番小さなFacebookですら
【2,600万人】とかなりの規模ですね…

Facebookは最大で【5000人】までしか
友達登録はできません
が、それでも
自分の足で5000人に挨拶しに回ることを考えれば
インターネットを介したネットワークの凄さに脱帽です。

確かにSNSはどこかとっつきにくい部分も多く
「Face to face」での対面でのコミュニケーションが
良いと思う気持ちも察します。

しかしながら、例えそうだとしても
この数字を地道に稼ぐのはとても大変です。

「必要」以上に、「重要」で判断した場合に

このSNSという市場で看板を掲げることの
意義を感じざる得ませんのでボク個人としては
全てを同時に始める必要はありませんが
何かしらのSNS媒体を《ブランディング》
一環として使用すること

非常に強くおすすめさせていただきます。

 SNSに重要なのは「適材適所」

SNSはオンライン上で気軽に不特定多数の人たちに
自分の考えや、価値観、世界観を
発信すること
に非常に長けています。

その為、人によってはなりふり構わず発信する
という少し荒々しい作業をされている方も
ちらほらと見受けたりします。

何がそうしてしまっているかというと
「リアルのコミュニケーション」と違って
独りよがりな発信になっても
まるで『誰かがみてくれている』ような
錯覚をしてしまう
からです。

あまり難しく考えすぎずに
シンプルに考えればよく

SNSにはそれぞれに特有の個性があり
TPOに合わせて自分の振る舞いを考えれば良い
のです。

要するに

“適材適所を意識したマナーを知る”

って程度なので、そんなに難しくはないのです。

一流ホテルのラウンジにサンダルにパーカーで
彼氏にこられたら、いくら世界一のサーファーでも
一緒に歩きたくなるでしょう。

逆に、友達と気軽にキャンプに行くのに
スーツにネクタイで彼氏がきたら
例え一流の社長だったとしても恥ずかしいでしょう。

そんな風に、いくら自分のコンテンツや
自分らしさがブランディングされていて
価値のあるものだったとしても
それを発信する場所のマナーにそぐわなければ
誰がみても「ダサイ」と思いますよね。

SNSはそのようなものだと理解していただき
あまり難しいルールに
囚われすぎないようにすることも
「楽しくブランディング」する上で
大切になってきます。

 SNSを”リアル”で捉えよ

では、SNSの適材適所のマナーを知るために
どのようなことをイメージしていけば良いのか

もちろん各ブログなどの情報サイトでは
それぞれのSNSの違いを分かりやすく掲載しています。

✔︎誰がどんな目的で使うのか?
✔︎コメント機能やリツイート機能の有無
✔︎ストーリー機能の有無
✔︎文字制限や動画機能
✔︎フォローワーの増やし方
✔︎各SNSの紐付け機能

など

使いこなしていくために
「スキル」や「ノウハウ」を身に着けることは
非常に大切
ですが、本記事は
《始める際の参考書》として書いているので
もっと分かりやすい各SNSの「マナー」
シェアしていきたいと思います。

その際に非常に分かりやすく
本質的なのは

SNSをリアルで捉えることです。

オンラインのコミュニケーションツールとしてではなく
単純に、各SNSが一体
どのような「飲み会・交流会」なのか?

✔︎ボクはどのような格好でいけば良いのか?
✔︎何時から開催される交流会なのか?
✔︎どんな人と話せば良いのか?

など、普段皆さんが休日に足を運ぶ
パーティー会場への支度と同じ気持ちで
準備をすれば良いのです。

友達との飲み会でスーツをわざわざ調達はしませんが
知らないビジネスマンのくる社交的なパーティーには
ドレスコーデをしていくでしょう。

そういった、身支度程度に心構えしていれば
とりあえずは問題ないとボク自身は感じています。

①Facebook

Facebookは、他のSNSに比べると少し年齢層が高めで
それゆえにプライベートの投稿も多いが
割としっかりと
丁寧なコミュニケーションをしている印象が強いです。

あまり軽々しくならないように
きっちり丁寧に話をすることを目指すのが良いでしょう。

Instagram

Instagramはビジュアルマーケティングに
非常にインパクトのあるSNSツールになります。

そのため、「お洒落さ」や「見映え」には
最低限の配慮が必要
になります。

Twitter

Twitterは拡散力が肝になるSNSツールです。
噂や誹謗中傷など、ネガティブな発信も広まる
リスクがあるのでそういった情報を自分が
発信する側にならないように注意が必要になります。

④Tikitok

おまけに最近トレンドの
二つのSNSも紹介させていただきます。

まずはTiktokですが、こちらは
動画によるエンタメマーケティングが強いです。

「流行りに乗る」「みんなと盛り上がる」
といった共感度の高い発信が大切
になります。

⑤note

最後にブログのように自分の記事を書けるnoteです。

こちらは「自分の経験や考え」といった
体験談や学びから得た”個人の哲学”をシェアするSNSです。

いろんな方の考えや学びを知れて
非常に良いインプットができる場
でもあります。

一方で、しっかりとした場でもあるので
ある程度の良識を持ってコミュニケーションを
とることが一つのマナーとも言えます。

■オンラインでも身支度を

以上のように、SNSの細かな機能別というよりは

✔︎どういった場所なのか?
✔︎どんな格好でいけば良いのか?
✔︎どんな話し方が望ましいのか?

といったTPOに通ずる、場のマナーを
把握することが《SNSをまず始める際に》
非常に分かりやすく重要なことだとボクは考えています。

 自分をブランディングするために

さて、今回の記事を通して
少しでも各SNSの特徴を捉えていただき
どのような振る舞いを目指して
発信していけば良いのかのヒントになりましたでしょうか。

大切なのは《ブランディング》
意識して「作り上げていく」こと
です。

これはコンテンツ勝負の
【バズる商品・投稿】ではないので
中、長期でみて地道な活動でしか
なかなか得られないもの
です。

もちろん世の中には「近道」のような
ノウハウやコツのようなものも溢れています。

しかし、必ず『楽』の裏には
『リスク』が潜んでいること
を疑ってください。

SNSを利用したブランディングでは特にそうです。

周りの友人や、知り合いの方から

✔︎応援される
✔︎支援される
✔︎好きになってもらう

ことへの「近道」など期待してはいけません。

好きになったあの子に
振り向いてもらうために
アナタは決して「近道」など
到底しないわけです。

何年越しだろうと
好きになってもらうために
毎日挨拶をしたり、笑顔で応えてみたり
メールアドレスを聞いてみたり。

小さな積み重ねで”信頼”と”愛情”を得られるのです。

繰り返しますが

SNSは”リアル”です

決してオンライン上の
「見えないコミュニケーション」ではありません

やることはいつも同じ。

それを忘れずに取り組めば
多少時間がかかっても必ず結果に繋がります。

ボクはそう感じています。

 SNSは最高の舞台

さて、最後にSNSの持つ可能性を明記して
締め括らせて頂こうと思います。

よくSNSの話になると
《フォロワー数》の話になりがちです。

しかし、SNSは”リアル”です。

《フォロワー数》は、
オンライン上の見せかけの数字の場合が多いです。

大切なのは、”リアルな数字”=《サポーター数》です。

そして彼らが求めているのは
【接触(コミュニケーション)】です。

何度もいいますが、SNSはリアルです

その大前提を理解している人は
必ず結果に繋がります。そう断言できます。

■SNSの力によって叶えられる夢は膨らむ

このように発信することで
“自分”という人間の価値を上げて
多くの人に応援されるようになる
それが
《ブランディング》の
最大の魅力だと感じています。

また、SNSの舞台を借りることで
夢は一つずつ更新されていき
その度に
自分に力を貸してくれる人は増えていきます。

“今年はこんな夢を叶えたけど
来年には、ひとまわり大きな夢が叶うようになる”

そんな未来を
ボクらの時代には叶えるチャンスがあるのです。

さて、本日の記事はみなさんの
SNSを始める前に役に立つ内容でしたでしょうか。

決して巷のブログのような
ノウハウや機能をお伝えするものではないので
蛇足になったかも知れませんが

一人でも多くの方の活動のヒントになれば
ボク自身大変嬉しく思います。

今回記事にできなかった
《ブランディング》に関して
また後日、記事にさせて頂きますので
よろしかったらご覧ください。

▼記事がよかった!ためになった!!と思って頂けましたら
ページ最下部にあるブログランキングのバナーをクリック
頂けますと大変ありがたいです。引き続きよろしくお願いいたします。

2020.5.2 Takai Naoto


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

TAKAI NAOTO

TAKAI NAOTO

誰よりも自分らしく、 旅するように豊かな人生を。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

イベントの最新情報

イベントカレンダー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP