旅言Day1 私は「人生」をどう過ごしたいのか?

今朝江ノ島の海辺を散歩しながら
朝風に身を寄せながら気持ちの良い空気の中を散歩するよう

忙しかった一年前の自分の生活と
つい比べて今この瞬間に一時の幸せを感じています。

■旅言(たびこと)ブログを始めます。

つい私は妄想癖と言うのか、思慮深いと言うのか
考え込む癖がありそうした考え(アイデア)を
津々浦々と書き込むようで毎日のブログも
かなりの内容量になっていた事をちょっと反省しています。

もっと気軽に話したい事を書いてみるのも
良いものだと感じて「旅言」などと
名称を与えてはじめてみようと思います。

かの詩人・松尾芭蕉が
訪れた街々で想い寄せた事を
17音の言の葉に込めたように

私も少ない言葉でも
想いや感動を伝えられるよう見習ってみたい。

ちょうど今年の3月末に4年間勤めた
デザイン会社を退社しました。

正直周りの多くの方からは
「なぜ今?」と首を傾げられることも珍しくなかった。

もちろん、そう思っているのは私自身。

気づいたらこんな状況なのだから
母親に連絡するのも億劫だった。

だけど

思い返せば私の人生などこんなものだった。

私がまだ中学生の頃に
よく4つ離れた兄に見せられていた映画があった。

今でも私の中の「見て欲しい映画」1位の座は変わらない

不朽の名作・タイタニック

である。

主人公のジャックの言うこの言葉ー

私の人生のコンパスとも
言える憧れの人物像に兄から継がれた
DNAは今もなお
この身体に刻まれていると痛感しました。

いつだってそう。

人生なんて思い通りには行かなかった。

うまくいって欲しいと願った時にはつまずき

大して身構えていない時の方が

思わぬ幸運が転んできたものだ。

決して不知の事実ではなかったのだが
こうして「フリーランス」などと聞こえのいい
【放浪者】になると改めて感じざる得なかった。

だけど一方で

当時少年の眼に輝いていたあの青年の生き様は

今の”私”というスクリーンに再度
映写されているような一種の錯覚を観る

だからこそ、こうも決心したのです。

私はジャックドーソンのような生き様を
今度は”誰か”のスクリーンに投影しようではないか

と。

先日、自分の経歴を書かせて頂いた時にも
紹介させてもらった「人生のミッション」がある。

海外の見知らぬ土地を“旅”して

気づいた私なりの「哲学」だ。

もちろん、人生のことなどまだ何もわからぬ
青二才故に大した言葉でもないはずだが

私なりに7年経った今でも
「人生」の最大のテーマのままなのだから圧巻。

確かに、人生には
思い通りに行かないことはあるだろう。

いや、むしろ人生などそんなことで溢れかえっている。

その度に私たちは「自由」を欲する

【旅】などと言った都合の良い「自由」を。

だけど

たとえ、自分の人生を変えようと
そのような「自由」を獲得したところで
我々の大半はそうした【不自由さ】の中で日々
もがきながらも《自由》を探究している。

毎日通勤する仕事の中に
都会の中で遊ぶ娯楽施設の中に
本当にやりたい事かわからぬ勉学に
小さないざこざ
大きなトラブル

私たちの多くは、そんな「人生」の中にある
《自由と幸せ》
を探究している。

これはあくまで私の価値観ではあるが

当時19歳だった私がある種「日本」「日常」といった
《不自由さ》から逃避するように
「旅」「異国の地」といった《自由》を追い求めた

一人旅の中で

気づいた大きな発見ではなかっただろうか?

私の育った環境や
これまでに出会ってきた多くの人との繋がりは

決して【不自由の象徴】なのではなく

“不自由”だったのはそうした世界の中で

「不自由さ」しか感じられなかった
私自身ー。私の心だったのではないかと。

小さな身体でまだまだ
何も知らぬ若僧なりに
「旅」という非日常からの帰国によって

持ち合わせた大きな発見だった。

そんな気付きこそが
正真正銘の「人生という名の”旅”」であった。

私は今でも
あの日のことを思い返す。

そしてある種の「自由」になった今だからこそ

本当の自由を探究し続けたい。

それは
かの青年が豪華客船の舞踏会で口にした


真の旅、あるいは自由なのではないかと。

旅言Day1      2020.5.28 CRECOM代表 Takai Naoto


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

TAKAI NAOTO

TAKAI NAOTO

誰よりも自分らしく、 旅するように豊かな人生を。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

イベントの最新情報

イベントカレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP